エンジニア 人材

エンジニアと他職種の人材募集の相違点とは

パソコンが一般家庭に普及し、小学校から情報科目が導入されている現在では、エンジニアの求人は今や超売り手市場です。希望する良い人材を確保するためには、福利厚生の充実はもとより収入も高めに設定されています。それぐらいにしないと、経験のあるエンジニアは知り合いの会社に入ったり、フリーランスで働いている人が多いためなかなか企業には就職しないのです。他の職種と同じく専門性があり、知識や技術がなければ仕事ができません。専門性がある人は経験年数も必要です。エンジニアも他職種の専門職も中途採用では即戦力が望まれます。人材派遣会社などに登録して仕事を探すことも他の職種と同じです。比較的就職には苦労しない職種ですが、自分の希望する条件に合う職場を見つけることは簡単ではありません。

人材派遣会社に登録時にみられる他職種との違い

人材派遣会社に登録すると、求人情報を自由に閲覧することができます。そして担当するスタッフがおり、面接前から終業後のアフターフォローまでしっかりと行ないます。エンジニアは登録すると企業から直接オファーが来るときもあります。スカウトも多いことから、企業のエンジニアは人材不足ということがわかります。同じエンジニアでも仕事内容により求められる能力が違います。どのタイプでも高い技術力は求められますが、スピード感を要求される仕事や、仕事の効率化によりコスト削減が要求されるものなど、一様にエンジニアと言っても求められる能力は様々です。自分の得意分野を発揮でき、その能力を伸ばすことのできる職場を選ぶと、ストレスが少なく本来の実力を発揮できます。人材派遣会社への登録は、様々な企業の情報を知ることができて就職に有利です。

自由度が高い分孤独になりがちなフリーランス

エンジニアの働き方には大きく分けて2種類あります。普通の人材募集などから安定した仕事につなぐ人と、フリーランスを選んで自由度の高い仕事を選ぶ人です。このように2種類の働き方を選ぶことができるのも、エンジニアの仕事の特徴ともいえます。フリーランスの道を選ぶと、好きな案件を自由に選ぶことができます。もちろん時間や場所の制約がありません。そして企業のエンジニアに比べて収入が高くなることが見込まれます。自由度が高いとフリーランスとしての働き方がいいのではと思いますが、収入が安定しにくいため色々な出費は計画が立てにくくなります。また、事業主として税金の申告などの必要性があります。企業の福利厚生の制度もなく、孤独になりがちなので自分できちんとスケジュールを立てる必要があります。